相聚在缘分的天空寻找我们的缘分,在这里波多野结衣的片子番号是你的缘分,还是你的天空?记住波多野结衣贴吧微博网站地址哦!
当前位置:优瑞家百科 > av知多少 > 忧木瞳内涵图简介(恶魔之瞳)哪部好看全部

忧木瞳内涵图简介(恶魔之瞳)作品一览

来源:优友搜集  发布者:集优小帝  发表日期:2014年02月17日  览击量:45

忧木瞳




 她先名字是忧木瞳后改名为忧木ひとみ。出生于1973年8月31日,身高为162公分,三围分别是B83.W56.H85 。

    编辑本段个人经历   1994年,她到了著名的脱衣舞秀场「浅草ロック座」进行表演,由于人气旺,现场只能容纳300人的环境硬是被塞了 1000人,也让大家见识到她的票房实力。只不过1994年3月才开始演出,到了4月,她就发生了在电视上因为生病被紧急送医的紧张场面,6月初她又放了电视节目鸽子,接下来到了1994年6月17日,她更是迅雷不及掩耳地发表引退声明。     1995 年,忧木瞳再度复出,在一次的访问中,她大方地承认当时的确是因为谈恋爱才会一再出状况,后来结婚后没多久她就离婚了,迫不得已,为了养活自己,她只好再度复出。
经历   父方の祖母がドイツ人である[5]。 東京都出身。学生時代はサッカー部のマネージャーをしており、サッカー部レギュラー11人中7人と関係があったという[6]。 美容専門学校に通っていた時に新宿でスカウトされ、[5]1992年12月、「憂木瞳」名義の『危ない寄り道帰り道』(VIP)でデビュー。 翌1993年1月には「中山アンナ」名義の『おねだり女子校生 うしろから課外授業』(ミス・クリスティーヌ)が発売され、1993年前半までは「憂木瞳」と「中山アンナ」の両名義で活動した。 デビュー時は芸名に通じる工藤夕貴似であることが指摘されることも多く、[5][7]「工藤あずさ」名義でのグラビア出演もあった。[8] あどけないベビーフェイス[9] に加え、色白でスタイルの良いボディ[5]、ハードな本番路線のカラミ[10]により、AVメーカーとの専属契約がなかったにもかかわらず人気が上昇、トップAVアイドルの一人に数えられるようになった。[11] 1993年半ばより出演した『ギルガメッシュないと』(电视東京)では、『夜食バンザイ』というコーナーで披露した「裸エプロン」姿が大きな反響を呼び、[9]細川ふみえ、飯島愛に続く番組の看板アイドルになった。[12] 『ギルガメッシュないと』の番組企画の一環として、1993年12月にはイジリー岡田とデュエットしたシングル、『マンゴ・ナタデ・ココ』(ポニーキャニオン)をリリース。また1994年3月にはやはり同番組の関連イベントでストリップ劇場・浅草ロック座に特別出演し、定員300人のところに1000人の客が押し寄せるという人気ぶりを見せた。[9] しかし同年4月、番組の収録中に急病で病院にかつぎ込まれたのに続き、6月には収録現場に現れないというトラブルが発生し、[9]同月6月17日に事務所側が急遽引退を発表した。 引退について、当時は病気による体力的な問題と、交際相手の反対が理由と報じられたが、[9]後年のインタビューでは、电视出演によるプレッシャーを抱えていたことと、諸般の事情で結婚の必要が生じていたことを理由に挙げている[11]。交際相手とは結婚したものの、2年後に離婚。[11]その間、1995年5月には『ギルガメッシュないと』に復活。同年6月には浅草ロック座でストリップに再デビューし、2000年代以降も一時的な休業期間をはさみつつ、舞台活動を続けている。 2002年2月には「憂木ひとみ」と芸名を改め、『新生』(セクシア)でAVに復帰。同年10月には『憂木ひとみの個人教授 ボクの素敵なお姉さん』(ソフト・オン・デマンド)でインディーズデビューした。 AVでの活動は1年ほどでいったん終了したが、その後2004年9月には芸名を「憂木瞳」に戻し、『僕らのアイドル憂木瞳がパイパンアナルで復活』(ワンズファクトリー)で再々デビュー。ややスローペースながら新作のリリースが続いている。 作品 av作品(撮りおろし作品) 特筆していないものは憂木瞳名義 1992年 危ない寄り道帰り道(1992年12月25日、VIP) 看護婦「真夜中の注射」(1992年12月、マドンナメイト)共演 森下茜、本田聖奈 1993年 おねだり女子校生 うしろから課外授業(1993年1月11日、ミス・クリスティーヌ)中山アンナ 名義 気もちEことしてあげる! 快感ナイスボディ(1993年1月30日、ステラ) SUPER ADULT VIDEO(1993年2月5日、VIP) 共演 坂上みさと 他 感じる放課後 ブルマの下に投げキッス!(1993年2月15日、ミス・クリスティーヌ)中山アンナ 名義 超ボディバイブレーション(1993年2月19日、VIP) ワイセツ七変化 お好きな服でイカせます!(1993年3月10日、ミス・クリスティーヌ)中山アンナ 名義 放課後は別の顔(1993年3月30日、アドニス) 好色ウェイトレス Mサービスはねっとりと!(1993年4月28日、ミス・クリスティーヌ)中山アンナ 名義 学園のアイドル(1993年4月30日、アドニス) 制服の告白シリーズ 女校生「オモチャ初体験」(1993年4月、マドンナメイト)共演 斉藤美和子、藤木美菜 OL味くらべ 真夜中はメスの顔(1993年5月15日、エイトマン)中山アンナ・憂木瞳の両名義で発売、共演 伊藤真紀 出血大制服 17(1993年5月28日、VIP) Tバックだらけの水泳大会 2(1993年7月24日、SODOM)共演 田村香織、白都彩香 他 ブルマー夏の火遊び 瞳の緊縛志願(1993年7月、オークランド) 絶頂服従 濡れたい時にあなたはいない(1993年8月14日、エイトマン)中山アンナ 名義、共演 田村香織 牡殺し アブノーマル・ボディ(1993年9月30日、SAMM) お口にいっぱい 3(1993年10月1日、笠倉出版社) 憂木瞳としてみませんか?(1993年10月13日、Vogue) いちじくが熟れる頃 悶絶の彼方へ(1993年10月30日、エイトマン)共演 杉浦友美 AVアイドル伝説(1993年11月12日、VIP) 変態ざんまい はみだし女子校生(1993年11月25日、SAMM) ザ・レイプ 濡れた下着(1993年11月、オー・ケイ出版社) ずっとあなたが好きだったこと誰にも言えない(1993年12月18日、LINK) ザ・カゲキ *らな入れもの(1993年12月23日、SAMM) ウブウブTYPHOON娘・瞳(1993年、Five Stars) 1994年 マンゴ・ナタ・デ・ココ(1月17日、VIP) 女体解剖 憂木瞳を暴く 濡れすぎたアイドル(1月31日、アテナ) 憂木瞳のうらの裏 変態狂い(2月10日、SAMM) めしべの頬ずり(2月12日、RAINBOW(笠倉出版社)) ギル亀ッシュ・ハニー(2月24日、アドニス) 口全ワイセツ 17 完全燃焼(3月17日、SAMM) 禁色(タブー)(4月15日、VIP) 未体験ゾーン 憂木瞳の挑戦(4月30日、アテナ) 引き裂かれた瞳(5月20日、セシル) 平成桃尻娘 白衣はとっても脱ぎやすい(5月21日、エイトマン)共演 青木詩央里、杉浦友美 憂木瞳逆レイプ 彼女が男を犯すとき(6月9日、メシア) 若奥様はAVアイドル(6月30日、アテナ) *獣教室(7月30日、エイトマン)共演 浅倉舞、沙羅樹、杉浦友美 変なSEXいっぱいしちゃった あぶない憂木瞳(7月31日、アテナ) ファイナル(9月8日、OZ) シースルーセーラー 邪界*獣サド公爵(9月29日、HERMES) good-by MOSAIQUE さらば、モザイク!(11月、24K(サイテック)) Wai Wai くらぶ スペシャル 第4号(発売年月日不明、リイド社) 2002年 新生 生まれ変わった私を見て…感じて…そして狂わせて…(2月23日、セクシア)憂木ひとみ 名義 SMっぽいの好きですか? 貴方のオモチャになりたい…(3月24日、セクシア)憂木ひとみ 名義 女教師の秘蜜 禁断の愛のカタチ(4月24日、セクシア)憂木ひとみ 名義 AV Idols 2-IN-1 (8707) 憂木瞳、彩藤麗美、澤田惠(5月19日、AVアイドルクラブ) ※モザイク作品 猥褻クライマックス 10発抜いてもまだ欲しい!!(5月20日、セクシア)憂木ひとみ 名義 憂木ひとみの個人教授 ボクの素敵なお姉さん(10月5日、SODクリエイト)憂木ひとみ 名義 コスプレ熟女ブッカケ 4(11月4日、SODクリエイト)憂木ひとみ 名義 僕だけの女教師ペット 第7章 教育実習生来校編(12月6日、SENZ(SODクリエイト))憂木ひとみ 名義 2003年 憂木瞳の超高級ソープ嬢(2月20日、SODクリエイト)憂木ひとみ 名義 URA-Yuki Hitomi(裏 憂木瞳)(5月20日、パンドラの箱) 激薄・薄消し 2004年 僕らのアイドル憂木瞳がパイパンアナルで復活(9月1日、ワンズファクトリー) 眼鏡ブルマ(10月1日、e-コス(ワンズファクトリー))他出演 秋月杏菜(紅音ほたる)、椿ちせ、鈴木梨奈、松島やや、みずなあんり、青木真紀、瀬戸準 パジャマっ娘(11月1日、e-コス(ワンズファクトリー))他出演 星川ヒカル、月丘うさぎ、長谷川ちひろ、秋月杏菜(紅音ほたる)、友田真希 不貞妻玩弄(11月12日、コレクト) デジタルモザイク Vol.059(12月15日、KILLER(MOODYZ)) 2005年 憂木瞳のとにかくアナルが気持ちいい!!(1月1日、Bachika(ワンズファクトリー)) 黒人レイプ x レズ凌辱 記憶の封* 女流作家・礼子(1月8日、死夜悪(アタッカーズ))共演 白鳥るり 美熟女ソープ壺姫御殿 お年玉ペロペロスペシャル(1月15日、マドンナ)共演 加山なつこ、つかもと友希 眼鏡ボクサー(2月1日、e-コス(ワンズファクトリー))他出演 上野えり、中原このみ、伊吹理沙、紅音蛍(紅音ほたる)、松岡理穂、安原真美 究極監禁MAX 2(5月13日、*魔(アタッカーズ)) 寸止め 10 生ごろしはヤメて!(7月16日、HERMES)他出演 瀬名涼子、梶原まゆ、甘衣ここあ、松坂樹梨、青山遥 2006年 ハイレグマダムズ 男漁りの過激なバカンス(8月19日、クロス 共演 真田ゆかり、篠宮慶子、白川なつみ、水希遥、 長瀬愛、堤さやか、小泉ゆり、朝河蘭、憂木瞳、矢崎茜、桃井望 美熟女フィーリング罩杯ル(10月24日、インジャン(VIP))共演 篠宮慶子、白川なつみ、真田ゆかり av作品(主な編集作品) 憂木瞳 名義 AV女優 憂木瞳(1998年12月21日、ビデオバンク)DVD、 『ザ・カゲキ』収録 Crystal Platina Collection 憂木瞳(2000年7月28日、MMC企画)DVD、『引き裂かれた瞳』『憂木瞳逆レイプ』『シースルーセーラー』収録 レイプ 女神の悲劇(2001年5月18日、Allure)DVD、『禁色』収録 憂木瞳 伝説FUCK(2001年6月29日、Allure)DVD、『あぶない寄り道帰り道』『気持ちEことしてあげる』収録 憂木瞳大全集(2001年10月21日、ビデオバンク)DVD、『牡殺し』、『変態ざんまい』収録 平成桃尻娘 STORY of LOVE 4(2001年11月10日、ビデオバンク)DVD、『平成桃尻娘』収録 チャンネルH(2002年8月21日、ビデオバンク)DVD(オムニバス)、『憂木瞳のうらの裏』収録 ラブ★シネ(2002年11月10日、ビデオバンク)DVD(オムニバス)、『花の女子寮ピチピチ物語』『いちじくが熟れる頃』収録 口全ワイセツの逆襲 2(2002年11月21日、ビデオバンク)DVD(オムニバス)、『口全ワイセツ17』収録 BEST4時間 憂木瞳(2003年5月23日、アトラス)DVD、『超ボディバイブレーション』『出血大制服 17』『ずっとあなたが好きだったこと誰にも言えない』『ファイナル』収録 傑作時代!(2003年頃、RESTA)DVD(オムニバス)、『ブルマー夏の火遊び』収録 Legend 憂木瞳(2005年1月28日、M-KING)DVD、『気もちEことしてあげる』収録 憂木瞳です。 THE BEST REMIX(2005年4月1日、ワンズファクトリー)DVD、ワンズファクトリー素材編集版 濃縮リバイバー VOL.4 憂木瞳・斉藤唯(2005年8月19日、グラントレコーズ)DVD(オムニバス)、詳細不詳 vintage 憂木瞳(2006年2月28日、AGA)DVD、詳細不詳 The Best of No.1 憂木瞳Deluxe(2006年3月10日、ファイブスター)DVD、ファイブスター・笠倉出版社素材編集版 オリジナルビデオ 憂木瞳 名義 傷だらけの蝙蝠(1993年11月1日、配給 バップ) シングル 憂木瞳&イジリー岡田 名義 マンゴ・ナタ・デ・ココ c/w ジュリアナポール、夜食バンザイ(1993年12月17日、ポニーキャニオン) 出演
  映画 憂木瞳 名義 ぷるぷる 天使的休日(1993年12月29日、配給 東映アストロ) 乱行教室 私の顔にかけて!(1995年2月24日、配給 エクセスフィルム)『*獣教室』劇場版 バラエティ 憂木瞳 名義 ギルガメッシュないと(1993年 - 1994年、电视東京) 刊物   写真集 憂木瞳 名義 花びらの色づく頃(1993年6月10日発行、心交社)撮影 秋元薫、ISBN 4883021351 フレッシュ・エンジェル(1993年7月20日発行、桜桃書房)撮影 杉本健一、ISBN 4871837823 Mogitate!(「もぎたて」)(1993年10月20日発行、桜桃書房)撮影 井上一真、ISBN 4871837971 Risky Lips(1994年1月17日発行、海王社)撮影 斉木弘吉、ISBN 4877240071 ZACRO(1994年10月5日発行、笠倉出版社)撮影 横川こうじ、ISBN 4773001941 ピーチエンジェル(1995年8月15日、黒田出版興文社)撮影 高木信行、ISBN 4876734062 憂木ひとみ 名義 NEW BORN.(2002年4月10日、ぶんか社)撮影 西尾和久、ISBN 482112419X 雑誌 オレンジ通信 1993年10月号(表紙)、1994年02月号(表紙)
编辑本段感情生活   男友是她的AV影迷,两人在一次签名会中认识,男方就对她展开热烈地追求。但结婚以后两人发现差异实在太大,男方始终没有办法忘记忧木瞳过去在AV界的演出,最后就在吵不停的状况下两人一翻两瞪眼地签字离婚。没有了家庭的羁绊,耳根子旁也没有男人在啰嗦,忧木瞳很快就回到了熟悉的东京情色派。

  • 上一篇:
猜你会喜欢
友情推荐